結局扱いが面倒な早漏男性

遅漏のほうが嫌だけど早漏も早漏で嫌

私の早漏へのイメージは性交がすぐに終わってしまうので
「欲求が満たされずつまらない」でした。

 

経験上女性として性的に満たされることで精神的にも落ち着いて日々を送ることが出来ていたのでそう思いました。

 

お付き合いした中で早漏の方の(挿入後5分未満)自分が早漏であることで
女性を満足させていないことから来る不安や自身の無さがこちらにも伝わってしまい
とても居心地悪い空間になってしまいます。

 

そして早漏の方はその自信の無さを埋める為か総じて多弁の方が多いですね。

 

早漏を防ぐためにこっちが出来る努力はエッチの時にあまり攻めすぎない事です。

 

最初は相手の反応が薄くなってつまらなさしか感じていませんでしたが
ギリギリの所を探る面白さを発見して以降、
それが新たな愉しみへと変化しました。

 

私の調節次第で男性に違う気分を与えることを学ぶとともに
男性の単純さを思いますね。

 

早漏と遅漏とでは遅漏は最後のほうは陰部が潤いを失い痛みを伴ってしまうので
個人的に早漏のほうがいいかなと感じています。